乳酸菌とは

地球上にあるたくさんの菌の中でも、私達の体にとって大切な働きをする菌の1つに「乳酸菌」があります。

乳酸菌は、腸の中で生息している細菌の1つです。
人間の腸の中には100種類ほどの細菌が生息していて、その数は100兆個にも及び、重さは1?以上にもなります。
それらの中でも、腸にとって良い働きをしてくれる「善玉菌」の代表とも言える菌が乳酸菌なのです。

乳酸菌は糖類や炭水化物を発酵させてたくさんの乳酸を作り出していますが、この乳酸は腸の中の雑菌や有害な菌の働きを抑える働きをしていて、私達の体にとって大切な働きをしていますよ。免疫力を高めたり、アレルギー作用をやわらげたり、最近話題になっているピロリ菌を攻撃するなど、様々な効果が実証されているのです。
赤ちゃんの腸の中にはたくさんの乳酸菌が生息していて、抵抗力の少ない弱い体を病原菌から守る役割をしていますよ。

また、乳酸菌は私達の体の中で大切な役割を果たしているだけでなく、様々な発酵食品を作り出す為にも欠かすことのできないものです。

はるか昔から、乳酸菌は世界各地で色々な食品に利用されてきました。
馴染み深い食品にはヨーグルトやチーズ、バターなどがありますよ。日本食ではお味噌やお漬物なども乳酸菌を利用した代表的な食品です。
乳酸菌を利用した食品はどれも風味が良くて保存性が高く、健康にも良いとされていますよ。

私達の体と食生活に密接な関係のある乳酸菌。
健康を保つためにも大切な存在であると言えるでしょう。